ナゾ多き主人公、クリスの考察

基本情報

名前:クリス(Kris)

モンスターの街に住む唯一の人間。

ヤギのモンスターであるドリーマー家の子供で、母トリエルと一緒に住んでいる。

兄は大学生となり街を出て行ったアズリエル、父親は花屋を営むアズゴア(別居中)。

容姿は2パターンあり、地上バージョンの姿は前作のキャラ(アズリエルの親友だったchara)とほぼ同じ。

もう1つは闇の世界に落ちた時のもので、青い肌にピンクのスカーフと、フリスクのカラーに寄せた姿になる。

名前は前作の主人公Friskから「F」を取ったアナグラム(気づいた人凄い)。

主人公なのに(だからこそ!?)謎が多すぎる

驚くべき事に、以上の事以外は謎のベールに包まれています。

「クリス」という名前からして男の子だろうと筆者は思っていますが、公式な性別は今回も(少なくともchapter1の時点では)不明。

上述の通り容姿はキャラ寄りとクリス寄りの2つが用意されているものの、「モンスターの世界に住む唯一人の人間」「ドリーマー家の家族で、アズリエルとは兄弟の様な関係」と、物語上の立ち位置はほとんどキャラ寄り。…というか並行世界の「もう一人のキャラ」と考えるのが、妥当でしょう。

しかし一方で、「プレイヤーが操作するキャラクター」「名前がFriskのほぼアナグラム」という点も考えると、キャラとフリスクを足して2で割らなかったのがクリス、という事になりそうです。

つまり

  1. 物語上の立ち位置は「並行世界のもう一人のキャラ」
  2. 名前(の由来)やプレイヤーキャラという立ち位置としてはもう一人のフリスク。

です。

UNDERTALEのキャラについて改めて考える

よくよく考えると人間(主人公)がモンスターだらけの街に唯一人住んでいて、家族が全員ヤギ(のモンスター)と言うのはなかなかシュールな設定ですが、しかしそれは、クリスがキャラの設定を踏襲しているからなのでしょう。(そもそもあの世界にクリス以外の人間はいるのか?)。

UTのキャラは人間の世界(地上)から「あまり幸せではない理由」でモンスターの住む地下世界に落ちてきたところをアズリエルに助けられてドリーマー家の家族になった、という経緯があります。

クリスにも似たような事情があるのかどうかはchapter1の時点では不明。

UNDERTALEの物語の核は「アズリエルとキャラの友情譚(詳しくはこの記事を参照※)」であり、彼らは家族でありつつ、「兄弟」というよりは「友達」としての側面が強調されており、アズリエルもキャラの事は「弟」や「妹」ではなく、「親友」と読んでいました。

しかし、deltaruneでは彼らは友達ではなく完全に家族として描かれており、クリスはアズリエルの事を「お兄ちゃん」と呼んでいます。

deltaruneプレイ画面

この差が今後の物語にどう響いてくるのかは不明。まぁ、(UTのアズリエルである)ラルセイが友達or仲間というポジションなので、dlアズリエルは兄貴という立ち位置なのだろう…と思います。

UTアズリエルにとって、キャラは必ずしも理想的な友達ではなかったようですが、果たしてクリスは…?

※しかし、その割には何故アズリエルが復活したPルートではなく、全てのモンスターを殺戮したGルートで姿を見せるのかは不明。謎すぎるのでこの件について考えるのはもうやめました。あの世界を滅ぼしたのはあくまでプレイヤーで、キャラはそんなプレイヤーに罰を与える(自分の世話をしてくれた地下世界の滅ぼしたプレイヤーに復讐する)為に出て来たのだろう…と今は思う事にしています。

プレイヤーに操作されるのが嫌なプレイヤーキャラ!?

クリスの特筆すべき性質はなんと言ってもコレでしょう。

彼は「自分はプレイヤーによって操作(支配)されている」というメタな視点を持っており、Chapter1の最後で、赤い魂♥を自分の身体から取り出してボロい籠に投げ入れるという衝撃的な姿を披露。全プレイヤーに驚きを与えました。

また、闇の世界に落ちた時のセーブデータが「クリス」となっていたのに、プレイヤーがセーブする際に「プレイヤー名」に変わるのにも何か秘密がありそうです。(これも気づいた人凄い。私は見落としました^^;)

オススメ関連動画

神BGM「夢と希望の平原」に英語の歌詞が付いたミュージカル。(日本語の字幕が付けられます)。

ラルセイの優しさが炸裂した歌詞と、闇の世界の冒険に戸惑うクリスの心情を歌った歌詞が印象的です。

クリスに対する個人的な感想

闇の世界に落ちた時の姿が、青い肌に銀の鎧というおよそ人間離れした姿だったので、初見の時は「ロボットになってしまったのか⁉」と思いました(^_^;)

クリス闇の世界ver

青とピンクの縞模様のスカーフを見て「ロボットになったのではなく、フリスクカラーに寄せたのか!」と気づきました。

前作のヒューマンたちは、「キャラ」だの「フリスク」だの、いまひとつ「人名??」という感じの名前でしたが、今回は「クリス」という、いかにもな人名になって良かったと思いました(笑)

最後の姿が衝撃的過ぎましたが、前述の通り、UTのキャラが私にとってはちょっとよく分からないキャラクターだったので、クリスはもう少し分かりやすく良い子だったらイイなーと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です